Loading...

その他のサービス

支部名と氏名肉筆手本規定について

特に個人会員の方より、競書作品に書き入れる自分の名前の肉筆手本がほしいとの要望が多くあり、
それに応えるべく下記の要領で氏名肉筆手本規定を設けています。
どうぞご利用いただき、これからの作品づくりに役立てて下さいますようご案内いたします。

支部名と氏名肉筆手本規定

手数料(ラミネート加工込み)

楷書体か行書体の1体のみの場合
  • 毛筆 800円
  • 硬筆 400円
楷書体と行書体の2体の場合
  • 毛筆 1,500円
  • 硬筆 800円
  • ※毛筆は草書体も受け付けます。(3体の場合は2,100円)
  • ※他、別途実費送料がかかります。
  • ※送料については毛筆、硬筆、又地域によって異なりますので係までお問い合わせください。

硬筆はペン又は鉛筆とボールペンで受け付けます。
書体は課題文の書体に合わせて次のようになります。

一般
  • ・ペン上級者は行書体、初級者は楷書体
  • ・ボールペンは行書体
中学
  • ・鉛筆は楷書体
  • ・ボールペンは行書体
幼・小学
  • ・鉛筆で楷書体

縮小見本(ラミネート加工します)

硬筆

(硬 筆)

毛筆

(毛 筆)

申し込み先

〒892-0828 鹿児島市金生町7-22 南日本書道会「氏名肉筆手本」係

TEL:099-223-5226FAX:099-223-5228

※電話、FAX、ハガキ等で受け付けます。

手本料支払い

現金でのお支払いかもしくは振り込み用紙を手本と同送します。

※申し込みからお届けまで1週間から10日間位かかりますのでご了承ください。

申し込み用紙ダウンロード

南日本書道会の添削指導についてのご案内(通信指導)

書林及び実用書林会員は、郵送でのやり取りにて、本会の添削指導を受けることができます。

添削の受け方

1

書林及び実用書林誌が手元に届いて一週間から十日程練習して添削用作品を仕上げます。

2

作品を南日本書道会に送ります。

3

十日程すると朱墨で添削された作品が戻ってきます。

4

再度練習、清書して競書作品を提出します。

添削を受ける際必要なもの

・添削作品
・返信用封筒(宛先を書き、切手を貼ったもの)
・添削手数料(一点につき)
・半紙300円
・条幅(半切四ツ切りも含む)800円

添削手数料のお支払い方法

添削手数料は現金でのお支払いをお願いしています。その都度お振込みをしていただくか、小為替をご利用ください。
なお、添削手数料はまとめてのお振込み、又会費等と一緒にお振込みいただいても結構です。

※作品と現金を本会に持参される場合は一階事務所までお越しください。作品受けへの現金の投函・郵便物への現金の同封はご遠慮ください。
※会費等と一緒に振り込んでいただく場合には、必ずその内訳をご記入ください。
※振り込まれてから通知が届くのに四、五日かかります。行き違いの場合はご了承ください。

添削作品の送り先

〒892-0828 鹿児島市金生町7-22 南日本書道会 添削係

※添削係の記載がなかった場合、(締切日前後は特に)競書と混ざり、添削が遅れることがあります。

添削の所要時間

本書の添削指導は、担当の先生にお願いし、先生からお客様に直接返送するシステムをとっています。
そのため、添削の所要期間は先生への発送日数も含めて十日間が目安ですが、
時期によっては遅くなることもあります。できるだけ早めに提出されることをおすすめします。

その他

認定試験課題及び七夕展課題については、試験及び公募展であるため添削はいたしません。
不明な点などありましたら、遠慮なくお尋ねください。

実用書林添削指導(直接指導)

下記の要領で実用書林課題の添削指導が受けられます。目の前での添削指導であり、
模範揮毫や言葉での直接指導で、より効果的な学習になると思います。
ぜひ足を運んでいただいて受講されるようお勧めします。

指 導 岡元春峰先生(本会審査員)
日 時 火曜日(月2回)午後1時~午後3時
1階事務局にて、午後12時30分~午後1時30分の間で受付けを行います。
来会の際、1階事務局へ申し出てください。
  • ※添削日は、書林カレンダーにてご確認ください。
  • ※人数多数の場合、お待ちいただくことがあります。ご了承ください。
  • ※毎月2回目の指導日は、清書選別が主体となります。添削指導はありません。
場 所 書林会館〔鹿児島市金生町7-22(いづろ電停角)〕(駐車場はありません)
受講料 無料
岡元春峰先生の書道振興への厚い情熱と実用書林会員の方々の技
量上達に少しでも役に立てればというご厚意によるものです。
対象者 実用書林会員の独学の方(特別に先生についておられない人)のみを対象とします。

※書道塾、習字教室とは事を別にしたいと思いますので添削指導だけで、会員の方々の練習揮毫はありません。
従って、添削を受ける作品だけをお持ちください(道具は必要ありません)。

段級証明書

段級証明書の交付をします。詳細は係までお問い合わせください。

トップ賞

小・中学部の「賞」は賞状を贈ります。希望者は本部賞状係へご請求ください。